キャットフード 選び方

Hさんのキャットフードの選び方(三毛猫(雑種)14歳)

たくさんのキャットフードが発売されていますが、皆さんはどのような基準でキャットフードを選んでいますか?

 

今回は 三毛猫(雑種)14歳を飼っておられる Hさんにキャットフードの選び方についてお聞きしました。

 

キャットフード,選び方「モグニャンキャットフード」公式サイトはコチラ♪

 

 

今までに食べさせてあげたキャットフードの種類は?どこで購入していましたか?

まだ幼少の時、海外で生活しており(私が海外赴任中、知り合いからもらいました)、その国ではあまりキャットフードが流通していなかったので、流通している銘柄は限られていました。

 

確か、モンプチくらいしか無かったと記憶しています。

 

たまに品切れになることもあり、その時は魚を水煮したものをあげていました。

 

その時は、魚の水煮よりキャットフードのほうが好きだったようです。

 

帰国後は、特に銘柄は気にせず、250円程度のものをあげていました。

 

特にお気に入りだったのは「銀のスプーン」の小包装のもので味が4種類あるものでした。

 

これは一般に流通している商品だったので、近所のスーパーマーケットで購入していました。

 

たまに贅沢をさせても良いかな、と思うときは、「いなば キャットフード チャオ」のカツオをあげていました。

 

銀のスプーンより、チャオの方が好きだったようです。

 

チャオの袋を開けるとうれしそうにグルグルと喉を鳴らしていました。

 

その後、糖尿病になっていることが発覚したため、処方食として「ヒルズ 猫用 プリスクリプション w/d」の缶詰をあげるようになりました。

 

一缶270円くらいで決して安くはなかったす。

 

最初のうちは喜んで食べていました。

 

販売先は限られていたのでインターネット通販で購入していました。

 

ただ、一回、通販で不良品(中身が腐っていました)を売られ、それを食べたとき吐いてしまい、それ以来缶詰は食べなくなりました。

 

ちなみにその販売元は、一切自分たちの非を認めず、非常に不快な思いをしました。

 

その後、「ヒルズ 猫用 プリスクリプション w/d」のドライタイプをあげるようにしました。

 

価格は2kgで1,500円程度と高く、また缶詰タイプの苦い経験があったので、銘柄を代えたかったのですが、獣医さんからの助言により、同じ銘柄のドライタイプに代えることにしました。

 

それ程好きでは無いようですが、今は諦めて食べてくれています。

 

なお、この商品もあまり流通していないのでインターネット通販で購入しています。

 

まとめ

Hさんの場合、通販で購入したキャットフードに不良品があったんですね。

 

またその後の対応も良くなかったご様子。

 

通販で購入するのは、重い荷物を運ばなく済みますし便利な部分が多いのですが、何かあった時のサポート体制も選ぶポイントになります。

 

モグニャンキャットフードの販売会社のレティシアンは大手ペットフードの会社になり、ペット栄養管理士をはじめ、ペットの健康にまつわる専門知識を持ったホリスティックケアカウンセラーなどの資格を持ったスタッフが常駐しているので、ペットオーナー様の相談にも応じてくれるのでペットを飼う初心者の方などにも安心できるのではないでしょうか?

 

 

 

 

 

※この記事内容は個人的な意見となりますので、ご了承ください。