キャットフード 選び方

キャットフードをタイプ別でご紹介♪

キャットフードの種類は、含まれる水分によって分類されます。

 

ドライタイプ・・・水分量10%以下
セミモイストタイプ(半生)・・・水分量25〜30%
ウエットタイプ・・・水分量75%以上

 

キャットフードは、猫に必要な栄養素やカロリー、素材などがきちんと考えられているので
安心して与えることができます。

 

表示された量や回数を守って与えてください。

 

猫は食の好き嫌いが激しいので、子猫の時から色々な味に慣れさせておきましょう。

 

それでは キャットフードの一般的なタイプ別にわけて紹介します。

 

 

ドライタイプ

 

ドライタイプのキャットフードのメリットとデメリットについて紹介します。

 

メリット

 栄養バランスがよく、成猫向き
 安価で経済的
 開封後も保存がきく
 歯石が付きにくい
 食べる量を調節しやすい

 

デメリット

 水を必ず一緒に与える
 味が単調なので飽きやすい
 ニオイが少し強い

 

ウエットタイプ

 

ウエットタイプのキャットフードのメリットとデメリットについて紹介します。

 

メリット

 種類が豊富で美味しい
 栄養価が高く、消化吸収が良い
 水分を多く含んでいるので食べやすく
 個別パックのものが多い
 低カロリーのものが多く肥満対策になる

 

デメリット

 ・ドライフードに比べ価格が高く量も少ない
 ・添加物が多く含まれるものがある
 ・水分を多く含んでいるため開封後は腐敗やカビ付きが早い
 ・柔らかいため歯に歯垢がつきやすく虫歯や口臭、歯周病になりやすい

 

 

セミモイストタイプ(半生)

 

セミモイストタイプ(半生)のキャットフードのメリットとデメリットを紹介します。

 

メリット

 ドライタイプとウエットタイプの中間タイプ
 栄養バランスがよく、老猫や子猫の離乳食に向く

 

デメリット

 開封後放置すると固まる
 乾燥や腐敗防止のため添加物を使用している
 柔らかいため歯に歯垢がつきやすく虫歯や口臭、歯周病になりやすい

 

 

総評

 

一般的には栄養バランスも良く、安価で日持ちのする
ドライタイプのキャットフードをメインに与えている方が多いようです。

 

ウエットタイプは、味やニオイもいいので
食欲のないときなどにもおすすめです。

 

また多くの方は ドライタイプ、ウエットタイプ、
セミモイストタイプなどを使い分けたり、ミックスして与えています。

 

人間も同じですが 同じものばかりだと飽きてしまうんで
色々トッピングなども考えて美味しく食べてもらいたいですね。

 

キャットフード 選び方「モグニャンキャットフード」公式サイトはコチラ♪