食べさせて悪いもの 食べさせ過ぎてダメなもの

猫に食べさせてはダメなもの、食べさせ過ぎてはダメなもの

愛猫には キャットフードばかりではなく
手作りの食事や人間と同じ食事を与えることもあると思います。

 

そんな時は 猫に食べさせてはダメなものがあるので
気を付けて与えてくださいね。

 

猫に食べさせてはダメなもの

 

玉ねぎやネギ

 ネギ類には、溶血性貧血を引き起こす成分が含まれているので、ハンバーグやミートボールなどは含まれている場合があるので注意が必要です。

 

鶏や魚の骨

 骨は口の中や喉を傷つけたり、刺さってしまう可能性があるので注意が必要です。
 また 鶏の骨は飲む混んでしまうと、腸や肛門を塞いでしまう危険性があります。

 

アワビなどの貝類

 貝類のわた(内臓)に含まれる有毒成分が、猫の皮膚に炎症を起こしてしまいます。

 

猫に食べさせ過ぎてはダメなもの

 

塩分・糖分

 塩分を摂りすぎると、腎臓や心臓に負担がかかります。
 またと王分を摂りすぎると虫歯や肥満、糖尿びゅの原因になってしまいます。

 

イカ・タコ

 消化が悪いので、食べ過ぎると下痢を起こしてしまいます。

 

 特に生で与えてしまうと体内でビタミンB1が破壊され、筋肉痛や腰痛を起こしてしまうので、もし与えるのなら熱を加えたものを少量与えるようにしてください。

 

干物

 魚やイカの干物などの珍味は猫が好んで食べますが、塩分が強いので胃の中で水分を吸収して膨らみ急性胃拡張を起こしてしまいます。

 

かまぼこ・ちくわなどの練り物

練り製品に多く含まれるリンと、体内のカルシウムとのバランスが崩れてしまいカルシウム不足になってしまいます。

 

牛乳

乳糖力が弱く、下痢を起こしてしまう猫がいるのでそのような猫には猫専用のミルクを与えてあげてください。

 

食べさせてダメなもの「モグニャンキャットフード」公式サイトはコチラ♪